« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

クラインガルテン八千代

クラインガルテン八千代
クラインガルテン八千代は、滞在型市民農園です。270㎡(約81.67坪)の土地に29㎡(約8.77坪)のラウベ(滞在施設)が整備された農園です。ラウベには水道・電気・バス・トイレを備えています。
クラインガルテンの隣には 「八千代グリーンビレッジ」 があります。八千代グリーンビレッジは平地林を生かした農村公園で、キャンプ場やバーベキュー広場、農産物加工施設などが整備されています。また、「憩遊館」では地下1,500mから湧き出ている 天然温泉「やちよ乃湯」 を楽しむことができます。農作業で汗をかいた後は温泉につかって心身ともに癒されること間違いなし!!
500kleingarte

| | Comments (3337) | TrackBack (0)

クラインガルテン栗源

Img1
成田空港から東へ10kmの栗源町に滞在型市民農園「クラインガルテン栗源」が4月にオープンします。豊な自然の中で野菜や花づくりが楽しめるやすらぎ空間です。

| | Comments (9039) | TrackBack (0)

笠間市市民農園

笠間市は東京から約100km、茨城県の県央西部に位置しています。周辺を山々に囲まれ、年間を通して気候は穏やかで、古くから城下町、門前町として栄えてきました。また、笠間焼で知られる陶芸のメッカでもあります。市内には笠間城跡、笠間稲荷など歴史ある文化財のほか、陶芸ギャラリーや美術館が点在し、年間約300万人の観光客が訪れています。
 一方、当地の主産業である農業は就農者の減少、高齢化が進み、農地は年々荒廃しているのが現状です。こうした背景のもと、笠間市の多様な資源を生かして都市住民に特色あるサービスを提供するとともに地域の活性化を図るべく、平成13年4月、関東地区初の本格的な滞在型市民農園「笠間クラインガルテン」がオープンしました。”農芸と陶芸のハーモニー”をテーマとする新たなライフスタイルの提案です。
 都市に暮らす人々の生活の第二の拠点として、地域住民と交流しながら草花や野菜を栽培し、心身ともにリフレッシュできる施設となっています。”農”と”陶”が融合するゆたかな空間で、「笠間型ライフスタイル」をお楽しみください。
 施設内には、宿泊施設付き市民農園と日帰り市民農園があります。
「クラインガルテン(Kleingarten)はドイツ語で「小さな庭」。19世紀半ば、ドイツをはじめヨーロッパ諸国で、庭を持てない都市生活者のために郊外に市民農園をつくる運動が始まり、これがクラインガルテンとよばれるようになりました。本場ヨーロッパのクラインガルテンは、単なる菜園にとどまらず、コミュニティ形成の場として、また重要な緑地空間として都市計画の中に位置づけられており、市民生活の向上や健康増進に大きな役割を担ってきました。
 日本での歴史はまだ浅いクラインガルテンですが、近年になって全国各地に開設されています。クラインガルテンが一般の市民農園と異なるのは、ラウベ(簡易宿泊施設)が併設されていること。ラウベに滞在しながら自分の菜園づくりを楽しみ、地域住民とも交流できるクラインガルテンは、いわば”滞在型市民農園”です。」

利用規程・申請について
Kleingarten

| | Comments (810) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »