住まい・インテリア

クラインガルテン八千代

クラインガルテン八千代
クラインガルテン八千代は、滞在型市民農園です。270㎡(約81.67坪)の土地に29㎡(約8.77坪)のラウベ(滞在施設)が整備された農園です。ラウベには水道・電気・バス・トイレを備えています。
クラインガルテンの隣には 「八千代グリーンビレッジ」 があります。八千代グリーンビレッジは平地林を生かした農村公園で、キャンプ場やバーベキュー広場、農産物加工施設などが整備されています。また、「憩遊館」では地下1,500mから湧き出ている 天然温泉「やちよ乃湯」 を楽しむことができます。農作業で汗をかいた後は温泉につかって心身ともに癒されること間違いなし!!
500kleingarte

| | Comments (3337) | TrackBack (0)

クラインガルテン栗源

Img1
成田空港から東へ10kmの栗源町に滞在型市民農園「クラインガルテン栗源」が4月にオープンします。豊な自然の中で野菜や花づくりが楽しめるやすらぎ空間です。

| | Comments (9039) | TrackBack (0)

新たな融合 コンピュータと物理学と表現の試作

Photo00
新たなる美術表現の手法を見る
児玉さんの作品  磁性流体プロジェクト
メディアアーティストの児玉幸子は、2000年から東京の電気通信大学において、磁性流体を用いたアートプロジェクト「突き出す、流れる」を、アーティストの竹野美奈子や複数の人々の協力を得て進めています。


磁性流体とは、磁性体の微粒子を水溶性あるいは油性の溶液の中に拡散させ、液体の状態でも強磁性を保つようにした黒色の液体。砂鉄よりも自由に変形され、複雑で有機的な3次元形状があらわれます。


作品「突き出す、流れる」では、磁性流体の3次元的形状が、展示空間の観客の声などの音声の大きさに反応してダイナミックに変化すると同時に、その映像を巨大なスクリーンに映し出し、それは時に鋭い山形や、滑らかな有機的な形状、銀河のような粒の流動を見せ、2001年のSIGGRAPHや文化庁メディア芸術祭で話題になりました。


このプロジェクトでは、磁性流体を使ったインタラクティブな作品が複数作られています。食卓をアレンジした作品「脈動する」、水平・垂直面上に金属と磁性流体を構成した「均衡点」、磁性流体を小さな“海胆(ウニ)”と見立て、数匹が池を走り回る「波と海胆」などの作品があって、どの作品も、世界に類を見ない、不思議なインタラクティブアートの世界を創り出しています。また、インスタレーション、写真、映像など、多彩な表現メディアへと展開しています。

| | Comments (7493) | TrackBack (0)

お便りK.Y様より

お便り
 5月以来すっかりご無沙汰してしまいました。如何お過ごしですか。その節は色々送って頂き有難うございました。住まいの写真は様々な角度から見ることが出来まし
た。独創的な発想は貴兄らしいこだわりですね。といっても10年位たっているのでしょうか。作品も開いて度々みていました。ホームページを作ることも出来ない私にとっては、どれも素晴らしいものでした。有難う。ここにきて、がしゃがしゃpcをいじりまわしているので少しは使えるようになったかなと思っています。70年代情報化社会という言葉が飛び交っていました。35年経って、今私の日常にも当たり前の様に成りつつあります。個人レベルになったこの道具がこの先どうなるのかは分かりませんが、海外から簡単に繋がるし、大概のことは知りえるし、なんでも送れるし、コミュニケーションにも欠かせない道具であることも、私にも確かとなってきました。近年は高齢化の問題ですね。貴兄は今もこの問題に取り組んでいますか。荒川区で老人福祉施設を立ち上げた友人がいます。彼は行政下から抜けて、独自のまあワンマンな施設を作った人です。我々も生きて行けば世の中のお荷物になるのでしょうか。健康と経済面の欠けた人間はどうなるのでしょうかと、深刻な不安問題ですが、自分のことすら自分で分かりません。この一年を感謝して、新しい年を迎えたいと思っています。
 大晦日になってしまいましたが、よい年をお迎えください。
05/12/31
k.Y(man) & K.Y(woman)

| | Comments (7493) | TrackBack (0)

9坪ハウス写真

DSC03405DSC03404DSC03402DSC03399DSC03396DSC03393DSC03392DSC03390DSC03389DSC03387DSC03385DSC03383DSC03382DSC03380DSC03378DSC03377DSC03376DSC03375DSC03374DSC03373DSC03372DSC03371DSC03370DSC03369DSC03367DSC03365DSC03363DSC03364DSC03362DSC03360

| | Comments (1814) | TrackBack (0)

Travel of my search

| | Comments (693) | TrackBack (0)

終の住処探し夢

 以前から家を再度建てる計画をしている。今の家は福島県三春町山の中なので、老後を考えるといつまでも寒い地域には住めないし、福祉対応の設備や病院そして役場の福祉課の取り組みなどトータルして考えていくと不安が多い。
 また、近隣には特に親戚などもなく退職後は新たな終の住処を考えている。しかし、先立つものはお金です。さて、同今後生き抜くか大きな課題が待っている。
 解決策として、土地探し しかも住環境がどうか自分の要求する内容を充足していくものか住みたい地域の体験も必要。今回はとりあえず吉祥寺にあるスミレアオイの家でなく、たまたま自由設計でたてたお宅拝見ができた。坪数・敷地はここで確認できる。
 自宅の敷地に立て直した完成な場所で緑地も多い。近くには、公園・学校・神社なとあり治安もまあまあかな。実際、住んでみないことには分からないが。■9坪ハウスはここから 東京ハウス

| | Comments (8330) | TrackBack (0)